シースリーの口コミ・体験レポ!評判のシースリー脱毛の実態は?

シースリーで脱毛してみようか検討してるけど、実際の様子が気になる・・・。そんな人のために、シースリーでの脱毛体験談レポを紹介したいと思います。

 

まずは、初回カウンセリング編から!

 

初回来店(無料カウンセリング)の流れ

 

はじめに、シースリーのオフィシャルサイトから無料カウンセリングを申込みます。そのときに希望の店舗と希望の日時を3つ記入し、その中で空いている日時の連絡がシースリーからきました。

 

日時が決まった後にシースリーに行き、カウンセリングを受け、シースリーの脱毛がどのようなものか、脱毛料金や支払い方法はどのようなものがあるか、脱毛の際に注意しなければならないことなどを説明してもらいました。説明も丁寧にしてくれたので、安心して契約をすることができました。

 

契約の際にもしつこい勧誘もなく、とてもいい気持ちで契約することが出来ました。そのときはキャンペーンで、新店舗に移動する予定で他の店舗に通うと割引きがしてもらえるというものと、以前他の脱毛サロンでわきの脱毛をしていたことがあると割引きがしてもらえるというものでした。

 

確か併用はできなかったのですが、私はわきも脱毛していたことがあり、たまたま新店舗がシースリーの中で一番近くになるということもあり、1万円ほど割引きした金額での契約になりました。

 

その日に施術日の予約をとり、予約をとった日がはじめての施術となるのでカウンセリング当日には施術をすることはなかったので自己処理などはしていかなくても平気でした。

 

 

スタッフの対応・店の雰囲気・勧誘の有無は?

 

私は3店舗ほど通ったことがある店舗があるのですが、シースリーは店舗によってだいぶ広さやスタッフさんの人数もちがいます。お店は基本的に壁、タオル、ベッド、ガウンなどすべて茶色で統一されています。

 

私が行ったことがあるのは新宿東口店と川越店、そして熊谷店なのですが、一番広かったのは新宿東口店でした。スタッフさんも多いので新宿東口店では二人がかりでの施術をしてもらう場合も多々ありました。

 

熊谷店はとても小さく、スタッフさんも今まで2人以上いたことがあるのを見たことがありません。狭いですが早くついてしまった時の待ち合いのソファもあり、お化粧直しなどをするスペースもしっかりありました。

 

シースリーは他の脱毛サロンとはちがい、施術中の世間話などの会話は全くなしです。なので施術中の会話が苦手な方にはとてもおすすめです。施術する上での最低限の会話のみなので、勧誘も全くなく今まで一度もされたことがありません。

 

冬はとても寒いのですが床に小さめのヒーターが置いてあり、着替える時にからだが冷えないような配慮もされておりとてもありがたかったです。

 

予約の時間前にキャンセルが出た場合は、「もし早めに来られるようでしたやキャンセルがでたのでそのまま施術に入れます。」という電話もくるので早くつきすぎてしまって駐車場で待機しているときだととてもありがたいです。

 

 

契約内容・契約料金・実感している脱毛効果は?

 

私は顔以外の全身脱毛をしています。

 

内訳は【えりあし、両肩、両わき、両ひじ上(表裏)、両ひじまわり、両ひじ下(表裏)、両手甲、両手指、両胸、左右乳首まわり、お腹、背中(上下)、ヒップ、へそ周り上下(左右)、Vライン上部、Vライン、Iライン、Oライン、両ひざ上(表裏)、両ひざ裏、両ひざまわり、両ひざ下(表裏)、両足甲、両足指】です。

 

顔も契約すると【おでこ、両もみあげ、鼻下、左右頬、口下】が脱毛できるようです。

 

私が契約したコースは回数無制限コースなので、何度でも通うことができます。

 

料金は30万前後で、無利子でローンを組むことができるためとても通いやすいと思います。契約した当時は夜の商売をしていたのですが、それでも審査が通ったのでローン通らないかもと諦めずカウンセリングに行ってみるといいと思います。

 

部位ごとではなく全身トータルで数えるとそこまで回数は行っていないのですが、脱毛部位の中で一番効果を感じられているのが脚です。自己処理をしなくてもほとんど生えていません。

 

Vラインもだいぶ毛が細くなり、元々ほかのサロンで施術を受けていたことがあるわきはたまに生えてもとても細い毛が1.2本程度なので、自己処理回数はとても少ないです。

 

施術前日の準備は?

 

施術前日は自己処理が必要です。他のサロンだと前日の自己処理がされていないと施術ができないということもあるのですが、シースリーでは施術前のシェービングチェックの際に処理をしてくれます。VIOや背中は自分で完璧に自己処理することがとても難しいので非常にありがたいです。

 

わきとVIOの脱毛の際はお店のシェーバーでは処理ができないということなので、自分のシェーバーを持っていく必要があります。施術前のシェービングチェックで剃り残しなどがあるとスタッフさんが処理してくれてそこから施術スタートとなります。

 

自己処理のアイテムなのですが、私はPanasonicの電動シェーバーを使用しています。カミソリ負けをしてしまうのでカミソリは使えないのですが、電動シェーバーを使用したところ赤みやポツポツなどの肌荒れができなくなりました。

 

他の電動シェーバーも試してみたのですが、一番きれいに処理ができて痛みもないのがPanasonicの電動シェーバーでした。

 

もしも自己処理で傷や赤みなどができてしまった場合でも、シールで保護をして施術に入るので炎症を起こすことは無いので安心です。VIOやわきの脱毛の際に、剃り残しがありシェーバーを忘れてしまった際にもシールで保護をして施術となります。

 

施術当日の流れ(受付から施術~施術後のアフターケア、次回の予約受付)

 

施術当日は受付に会員カードを提出し、待ち合いの時間があればソファで待機をします。もしそのまま施術に入れるようでしたらすぐにベッドに案内されます。

 

施術用の衣類はお店にあるのでなにも持っていく必要はありません(ほかのサロンにあるようなキャミソールではなく、ガウンのみです)。

 

その後、案内されたときにガウンを着るときのボタンの向きやどの衣類を脱ぐかの説明をされます(施術部位によってちがうため)。

 

着替えを済ませ、ベッドに横になったくらいのときにスタッフさんからお着替えお済みでしょうか、という声がかかりそこから施術スタートとなります。

 

施術の流れは【シェービングチェック→赤みや傷や剃り残しに保護シールを貼る→ジェル塗布→照射→ふきとり→保湿】となります。施術が終わり着替えを済ませた後に受付に行くと、次回の予約は〇月〇日日以降です。と言われ会員カードにも書いてもらえます。

 

次回予約は【どこでも予約】という予約サイトがあるので、そのサイトからネット上で予約をします。シースリーの公式サイトから利用申請をしないと使えないのですが、24時間365日利用できるのでとても便利です。

 

そこでは契約している脱毛コース、脱毛したい部位、予約をしたい店舗を選択したのちに予約をしたい日時を入れて空きがあるかを見ることができます。空きがある中で都合の良い日時があれば予約を確定して、予約完了となります。

 

施術を受けてみた感想・施術の痛みについて

 

施術をうけてみて、一番痛みが強かったのがVラインとIラインでした。もうやめて〜!!と思うほどの激痛でじっとしてられませんでしたが、痛みが強いことを伝えると照射するレベルを下げてくれます。VラインとIラインに関しては一番低いレベルでもとても痛みが強かったです…。

 

ですが施術中の痛みよりも一番辛かったのがジェルの塗布でした。非常に冷たいため、施術を受けるたびに全身に力を入れていました。なので施術前から鼓動が早くなっていました(笑)。

 

VラインとIラインは元々ほかの部位よりも毛がしっかりしているので痛みが強いのは仕方ないのですが、痛みが強いかどうかスタッフさんから確認してもらえたり、大丈夫ですと言ったあとでも痛そうにしていると声をかけてくれてレベルをもう一段階下げるかどうか聞いてくれるので自分から言い出せなくても大丈夫でした。

 

回数を重ねると毛が薄くなり痛みも軽減しますがわたしはVラインとIラインだけはまだ痛みが強いままなので自分でどれくらい効果がでているかが見てわからなくても施術中の痛みが軽減したかどうかで効果がでたかどうかを判断しています。施術中、スタッフさんの気づかいや声をかけてくれるタイミングが絶妙すぎて本当に助かっています。

 

予約の取りやすさ、予約変更やキャンセルのしやすさ

 

私は電話で予約をしたことがありません(そもそも電話で予約を出来るのかが分からない)。シースリーの公式サイトから利用申請する必要がある【どこでも予約】での予約をいつもしています。

 

地方店舗の場合、はっきり言って予約は少し取りづらいです。シースリーは1日で全身を脱毛してくれるわけではなく、4つの部位に分けて予約を取らなければなりません。

 

4つの部位は【①腕・わき、②胸・お腹・Vライン・Iライン、③えりあし・背中・ヒップ・Oライン、④脚】に分かれています。

 

私は顔の脱毛をしていないので、顔がどの部位とペアになっているのかはわかりません。1つの部位を脱毛すると、次にその部位の脱毛予約を取れるのが3ヶ月後になります。

 

もし全身の脱毛をできたとしても3ヶ月期間を開けなければならないので1年間に最大で全身を脱毛できるのが4回となります。それが4つの部位に別れているので別々で予約を取らなければならないというところと、一ヶ月に予約を入れられる回数が2回までなので脱毛完了がほかのサロンよりも長くなります。

 

キャンセルはどこでも予約でできるので楽です。キャンセル通知もくるのでキャンセル通知がきたら予約が入れられますが、すぐに開いてもキャンセルが出た時間に今まで予約を入れられたことがありません。

 

脱毛するにあたっての注意点は?

 

脱毛をするにあたって、一番注意しなければならないのが日焼けです。

 

日焼けをしていると、照射した際に強い痛みが出たりやけどをする可能性があるので施術をすることができません。やけどに関してもそうなのですが、肌の乾燥にも気をつけなければなりません。

 

私は乾燥肌で気をつけていても乾燥していることが多いのですが、肌トラブルの原因になることがあるらしくシースリーでは乾燥がひどい場合は施術前に保湿をしてくれます。

 

生理中はどの脱毛サロンでも施術を断られることが多いと思いますが、生理中はホルモンバランスが不安定になっているのでその状態で施術を受けると肌トラブルの原因になったりいつもより痛みを強く感じたりしてしまうそうです。

 

しかし、先日生理になってしまったためわきの脱毛のキャンセルの電話をしたところ、「VラインやIラインなどのデリケートゾーンでなければ施術することも可能です。」と言われました。それでももしも肌トラブルが起きてしまったら嫌だったのでキャンセルしましたが生理中はデリケートゾーン以外なら脱毛が可能ということがわかりました。

 

シースリーはキャンセル料もかからなくなったので急に生理になってしぶしぶキャンセル…なんてことにはならないので安心です。

 

シースリーのマイナスポイント・微妙なところは?

 

シースリーのマイナスポイントは、地方の店舗の少なさと地方の店舗の規模の小ささとなにより予約の取りづらさです。

 

都内の店舗は施術室も多くスタッフさんの人数も多いので元々の予約枠が多いので予約も比較的とりやすいです。都内には店舗数も多いのでより一層予約が取りやすくなっています。

 

しかし、地方の店舗は店舗数が少ないうえに施術室の少なさ、そしてその施術室の少なさに比例してスタッフさんも少ないので当然予約枠も元々少なく予約が取りづらいです。

 

都内であれば電車で一駅で違う店舗にいけたので他の店舗のキャンセルがあったときでもいけたのですが、地方には店舗が少ないのですぐに行ける距離でもなく急なキャンセルだと予約がもしできても時間に間に合わないため予約が入れられません。

 

私は今群馬に住んでいるのですが、一番近いのが埼玉県の熊谷店なので行くだけでも、車で1時間弱かかってしまいます。駐車場もないので近くのパーキングに止めて歩かなくてはなりません。

 

月末から月初に切り替わる0時に2ヶ月後の予約開始なのですが、サーバーにアクセスが集中するためなかなか開けないこともあり、やっと開けても土日や仕事終わりの夕方の時間は予約が集中してしまうため予約が取れないことが多々あります。その点はとても残念です。

 

シースリーの「ここがスゴイ」・オススメポイントは?

 

シースリーの良いところは、全身脱毛の金額がほかのサロンと比べて低料金なところと、回数無制限コースがあるところ、しつこい勧誘が全くないところ、そして無利子でローンが組めるところです。

 

脱毛サロンに通っていても回数制で契約した回数だと効果があまり得られなかったということがありました。しかしシースリーには回数無制限コースというものがあり、満足いくまで何度でも施術を受けることができます。とてもうれしいし安心のできるコースです。

 

そしてほかのサロンよりも低料金なうえに無利子でローンを組めるため、急な大きい出費にもなりませんし月々決まった金額を支払っていくだけなのでとてもお財布に優しかったです。初月の料金は覚えていませんが途中からの引き落とし金額は14600円で、トータル30万円前後の支払いでした。

 

そしてなによりしつこい勧誘が全くありまけん。私は気が弱い方なので、しつこく勧誘されると嫌な気持ちになりながらも断れないので全く勧誘がないというのは本当にありがたいです。

 

なので部位追加などをしない限り追加料金も発生しないので当初の契約金額のまま他の料金はかかりません。カウンセリングの際に丁寧に説明をしてくれ、そのとおりに施術をしてくれ、追加料金もしつこい勧誘もないというのは本当に安心のできるものでした。

 





2020年版!当サイトおすすめ脱毛サロンランキング