Tバックの魅力は男ウケだけじゃない!Tバックのメリット・デメリット

 

セクシー下着の王様と言えば、Tバックですよね。

 

Tバックに興味はあるけど、履くのに勇気がいるし、履いたことがない人も多いかもしれません。

 

そこで、このページでは、Tバックのメリットとデメリットをそれぞれ6つずつ紹介したいと思います。

 

Tバックの6つのメリット

 

(1)スリムなズボンや白パンツを履いた時に下着のラインが目立たないので綺麗に見える

 

多くのTバック愛好家の女性が実感しているTバックの魅力は下着のラインが見えなくなることです。

 

ピッタリしたパンツやタイトスカートをはく時に下着のラインが出ないのはやはりメリットが大きいと思います。

 

Tバックの魅力は男ウケだけじゃない!Tバックのメリット・デメリット

 

普通のショーツをはくとどうしてもラインが見えてしまうか気になってしまい、出かける前に何度も鏡を見てはチェックを重ねていました。でもTバッグだとその点気にする必要がないので、とても楽です。

 

下着のラインが響かないので、まっ白いズボンや、ピチッとした服などを堂々と着ることができて、オシャレの幅が広がります

 

Tバックの魅力は男ウケだけじゃない!Tバックのメリット・デメリット

 

浴衣など和服を着るときに紐上のTバッグならさらに目立たなくて良いです。

 

(ただし、服によっては、丸見えになる事があります。当たり前ですが、白いパンツを履いて黒いTバックだと、透けて見えます。パンツの色を考えて履く必要があります)。

 

(2)通気性がとても良いため女子の日も蒸れにくい。蒸れにくいので、かぶれずらい

 

Tバックの魅力は男ウケだけじゃない!Tバックのメリット・デメリット

 

私は、普通のパンツをはいていると夏に蒸れるのが悩みでしたが、Tバックに替えてから、通気性が良くなって蒸れなくなり悩みが解消されました。かぶれたり、あせもにもならないので、とてもいいです。

 

スポーツをする時に関しては、激しい運動をする際にはショーツを着用しているだけでも気になるものですが、Tバッグを着用していれば足の付け根の部分などを締めないので動きやすいのもメリットです。

 

(3)Tバッグを着けると女子力が上がるし、ピップアップ効果も

 

普通の下着よりTバックの方が女度や気分が上がりますし、お尻が可愛くセクシーに見えるので、自信がなかった自分のお尻も好きになれます

 

Tバックの魅力は男ウケだけじゃない!Tバックのメリット・デメリット

 

さらに、Tバックを着けると、鏡で見た時にお尻の形の確認がしやすいので、体型維持に繋がります。

 

ちょっと「お尻が垂れてきたかも?」と思ったら体型維持のため運動して健康的になれますし、食事も腹八分目でやめられる、というメリットもあります。

 

また、布の面積が小さくなった分、デリケートゾーンのムダ毛がはみ出しがちになるのでちゃんとお手入れするようになりました。Tバッグにしなければお手入れもほとんどすることはなかったので、きれいになって良かったかなと思います。

 

(4)デザインもキュートな物からセクシーな物まで沢山あるので選ぶのが楽しい

 

また、Tバックにもたくさん可愛い下着が売っているので買い物をするのも楽しいです。

 

Tバックの魅力は男ウケだけじゃない!Tバックのメリット・デメリットTバックの魅力は男ウケだけじゃない!Tバックのメリット・デメリットTバックの魅力は男ウケだけじゃない!Tバックのメリット・デメリット

 

普通のショーツと比べて、大胆なレースが使われていたりデザイン性が高く見ているだけでも楽しい気分になれます。

 

今では可愛いデザインのパンツがあり、ウエスト部分をちら見せする見せパンもできます。

 

Tバックならブラと合わせなくても、自由に組み合わせてもあまり違和感がないのもメリットと言えるでしょう。

 

あとは誰にでも見せるわけではないので、年齢を重ねても人目を気にせず自分だけのお洒落としても楽しめる所も素敵です。

 

(5)普通のショーツと比べると、小さいので洗濯する際にも収納も場所を取らないので良い

 

Tバックは布の部分が少ないので洗濯した後の乾きも早いですし、畳むとコンパクトになるので収納スペースが少しで良いです。

 

旅行好きの人なら、旅行に行く際もかさばらず場所も取らないのも魅力の1つです。

 

(6)なんと言ってもセクシー。彼氏も喜んでくれて情熱的な夜を過ごせる

 

そしてTバックはなんと言ってもセクシーなので、男性受けも良いです。

 

彼氏や旦那さんと夜の営みをする時に一般的なパンツではなく、Tバックを履いていることによってお互いの興奮度も高くなり、燃えるような営みをすることができます

 

そのため自然と彼氏や旦那さんとのマンネリ化防止にもなります。

 

Tバックの6つのデメリット

 

(1)履き慣れるまでは違和感を感じる

 

 

Tバッグを履く際のデメリットといえば、Tバックに慣れるまで履いている時に違和感を感じるということです。

 

パンツに履きなれていた人が急にTバックを履くようになると、最初はパンツが常におしりに食い込むので気持ち悪いかもしれないです。

 

落ち着きどころが分かるようになるまでは我慢が必要です。

 

(2)お尻やお腹が冷えやすい

 

Tバックの魅力は男ウケだけじゃない!Tバックのメリット・デメリット

 

Tバックは普通のパンツよりも冷えるので、冬場にスカートを履くときなどは気を付けた方がいいです。

 

Tバックといえばローライズのデザインが大半なので、寒い日はお腹が冷えます。

 

(3)彼氏・旦那以外に見られるとちょっと恥ずかしい

 

Tバッグは、温泉やジムの更衣室、職場のロッカールームで着替えるときに、周りの目がちょっと気になります

 

私の職場では特に、普段からTバックなんて履いている人はいないので、周りにだれもいないのを見計らって着替えなければならず、その点は少し面倒です。

 

(4)生理中は履きづらい

 

薄手の素材が多いので、急な生理になってしまうとスカートやズボンが悲惨な事になってしまいますから、怪しい時期には使わない方が良いでしょう。

 

Tバックの魅力は男ウケだけじゃない!Tバックのメリット・デメリット

 

急に生理が来たときのためにタンポンやTバック用のおりものシートを持ち歩くと安心です。

 

(5)「ピルを飲んでるからエッチの時は中出しOKしてる」という人は注意

 

Tバックは履き心地の良さや解放感はありますが、布部分が小さいので中出しエッチの後に男性の精液を受け止めることができません

 

なので、中出しエッチをした後はすぐにタンポンを使うか、普通のショーツに履き替えなければなりません。

 

(6)ムダ毛処理が面倒

 

デリケートゾーンの無駄毛のお手入れは必須になります。

 

ちゃんと手入れをしておかないと見栄えが悪いので、彼氏の前で脱いだらはみ出てるとなると激萎えしかねます。

 

Tバックの魅力は男ウケだけじゃない!Tバックのメリット・デメリット

 

Vラインは元より、I・O部分の無駄毛もお手入れしなければなりません

 

デリケートゾーンの脱毛は自分でするより脱毛サロンに通ったほうが安全なので、脱毛にお金と時間が掛かる場合があります。

 

まとめ:デメリットもあるけど、やっぱりTバックは魅力的

 

今回はTバックのメリットとデメリットを6つずつ紹介しました。

 

たしかに、初めてTバックを履くときは勇気がいると思いますし、履き慣れるまで違和感があるとは思いますが、個人的にはそういったデメリットよりもTバックを履くことで得られるメリット(下着ラインが見えない・オシャレの幅が広がる・彼氏も喜ぶなど)の方が大きいと思います。

 

Tバックに興味を持っていてTバックにチャレンジしようか迷っている人は、まずは「物は試し」ということで一度Tバックに挑戦してみてくださいね^^

 

ちなみに、Tバック愛好家の女性の皆さんに、アンダーヘアのムダ毛処理とおりもの・生理対策をどうしているかアンケートを取ってみた記事があるので、そちらも参考にしてみてください。

 

関連記事
Tバックを履く時のアンダーヘアのムダ毛処理とおりもの対策

2020年版!当サイトおすすめ脱毛サロンランキング